AGA治療薬

プロペシアの特徴や効果、価格、飲み方などの通販情報

2019/01/14

プロペシアは、薄毛治療の有効性がnurse01認められている世界初の経口タイプの内服薬です。

有効成分のフィナステリドはアメリカのメルク社が開発したもので、1997年にFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けています。
メルク社は世界第3位の医療メーカーで、日本の万有製薬の親会社ですので、日本でも高い信頼を得ています。

日本では2005年より厚生労働省の認可を受けていますので、内科や皮膚科、専門のAGAクリニックで処方を受けることが可能です。

プロペシアは世界中の70か国で承認を受けていますので、世界中でAGA治療薬として使用されています。
日本皮膚科学会によるAGA治療のガイドラインで、推奨度がAランクに指定されていることでもわかるように、薄毛治療の高い効果があることが認められています。

 

種類

製薬会社によって有効成分が0.2mgのものと1mgのものが作られており、病院では両方の処方が行われています。
プロペシアは海外医薬品を扱っている個人輸入代行の通販サイトでも販売されており、通販を利用して購入するときには1mgのものが主流となります。

 

価格

病院で処方を受ける場合

AGA治療薬の購入には健康保険が適用されませんので、全額自己負担する必要があります。
従って、病院で処方を受けるときの価格の目安は1錠あたり約150円で、毎日服用することを考えると医薬品の購入費用として1か月あたり約4500円かかります。
これに初診料や再診料、交通費などがかかりますので、1か月あたりにつき約10000万円ほどはかかると思っておいたほうが良いでしょう。

 

通販サイトから購入する場合

通販サイトから購入するときには、送料無料のサイトを選んでおくことで医薬品の料金の他に余計な費用をかけずに済みます。
通販で販売されている価格は1錠につき約170円で、1箱(28錠入)のものが約4750円です。

経費を削減しながらAGA治療薬を飲みたいと考えているときには、通販を利用して購入することがおすすめです。

 

ジェネリックとの価格の比較

プロペシアは知名度の高いAGA治療薬ということで、世界中で様々なジェネリックが開発されています。
ジェネリックとして有名なものが、フィンペシアエフペシアです。

 

用量 価格
プロペシア 1mg 約170円
フィンペシア 1mg 約58円
エフペシア 1mg 約28円

フィンペシアは海外薬の通販サイトで購入するときには、1錠あたりの価格は約58円です。
エフペシアの場合には1錠あたり約28円の安値で購入できますので、価格で判断するのであればジェネリックを選択したほうがお得です。

ただし、ジェネリックを製造しているのは主にインドの製薬メーカーとなりますので、信頼性で医薬品を選ぶのであればメルク社製造のプロペシアと言えるでしょう。

 

服用期間

服用を始めてから半年以上は飲み続ける必要があります。
AGA治療薬の効果は6か月以上経過してから現れます。

 

飲み方

水や清涼飲料水とwater2一緒に飲みます。

食事による影響を受ける薬ではありませんので、食前でも食後でも自由に飲むことができます。
ただし、飲み忘れないように気を付けておいたほうが良いので、毎日服用の時間帯を決めておいたほうが良いでしょう。

髪の毛の育成は、夜間に行われると言われています。
人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌させますので、就寝時が一番育毛作用が高いと考えられます。
そのために寝る前に服用しておくことで、寝ている間に成長ホルモンの分泌を促進させやすくなるので、髪の毛の成長を促進できる可能性を高めることにつながります。

万が一飲み忘れてしまったときでも、前の日の分までまとめて飲むことは避けてください。

ジュースやコーヒーと一緒に飲むことが可能で、薬の効果が軽減されることはありません。
アルコールと一緒に飲むことも問題ありませんが、飲みすぎには注意しておいたほうが良いです。

風邪をひいたときにも、普段どおりに服用することが可能です。

AGAの症状はそのまま放置しておくことで、改善されることはないです。
薄毛が進行してしまって毛根が完全に死滅してしまうと、そこからAGA治療を開始したとしても発毛作用を得ることが難しくなります。
そのために内服薬の服用などの治療は、年齢が若いころにスタートさせたほうが良いと言われています。
毛根が死滅する前であれば、発毛を促進できる可能性があります。

1日あたりの服用量は1錠までと決まっていますので、それ以上の量を飲まないようにしてください。
1錠服用した後には、次の服用までに24時間以上空ける必要があります。

錠剤を分割してしまうと、有効成分が飛び散って女性が触れてしまう危険性があるので、割らないように気を付けてください。

 

効果

プロペシアに配合されている有効成分はフィナステリドです。

AGA(男性型脱毛症)による薄毛は、睾丸にあるテストステロンという男性ホルモンと毛乳頭細胞にある還元効果の5αリダクターゼが結合することで生じる、DHT(ジヒドロテストステロン)が原因と考えられています。
DHTが発生すると、ヘアサイクルを乱されることがわかっています。

人間の髪の毛は通常時であれば3~5年周期で生え変わりを行うようになっており、このことをヘアサイクルと言います。
DHTの量が多く生成されてしまうと、髪の毛の成長期が短くなり、完全に成長する前に抜けてしまいます。
これによって脱毛症が進行して、細くて短い髪の毛だけになってしまう薄毛を発症します。

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを弱める作用があるために、ヘアサイクルを短くして脱毛症を進行させる原因となっているDHTの量を減らす効果があります。
DHTの生成を阻害することで、AGAの進行を食い止める効果があると考えられています。

効果の現れ方には個人差があると言われており、男性ホルモン受容体が敏感に感じてしまう人ほど高い効果が期待できます。
男性ホルモンの感受性が高いかどうかは遺伝によって決まるもので、感受性が高い人ほどAGAが進行しています。

そのためにより一層AGAが進行している人ほど、フィナステリドの作用が強く現れると考えられます。
メルク社の調べでは、1mgのフィナステリドを継続したときの改善効果は以下のとおりとなります。

 

薄毛の進行を食い止めた人の割合 育毛作用が現れた人の割合
1年間の服用 40% 58%
2年間の服用 30% 68%
3年間の服用 20% 78%

 

脱毛の進行と育毛作用を感じられた人との合計は、いずれの場合でも98%以上となっており、長期間にわたって継続的に使用することで薄毛を改善できることが立証されています。

 

副作用

服用することで、頭痛や吐き気、消化不良などの症状が出ることがあります。

1%ほどの割合で、性欲減退や勃起不全などのEDの症状が現れます。
EDの症状が出たときには、バイアグラなどのED治療薬と併用することで改善できます。

AGA治療薬は女性が服用することは認められていません。
女性が飲んだときや、薬剤に触ってしまったときには、胎児の性機能に何らかの影響が出る可能性があります。
妊娠中や妊娠を予定している女性、授乳中の人は飲まないようにください。

未成年者の服用も禁止されています。
男性ホルモンの分泌に影響を与える薬ですので、男性器が成長していない未成年者は使用することができません。

 

注意点

保管する場合には風通しの良い場所を選ぶようにして、女性や子どもが触れられないところを選んでください。
ピルカッターなどを使用して粉砕することは認められていませんので、有効成分が飛び散らないように気を付けて使用することが大切です。

 

プロペシア 特徴 価格
 経口タイプのAGA治療薬

1箱(30錠入)4750円
1錠あたり 170円

-AGA治療薬
-,