薄毛治療

病院の薄毛治療には保険が適用されるのか

2019/01/15

髪の毛が薄くなってきたときは、doctor1何らかの対策を行いたいものです。
薄毛治療を受けられる病院が増えているために、専門のクリニックに通う方法で対策したい人も多いでしょう。

病院に通うときに気になる点といえば、費用の問題があります。
一般的な病気と同じように、薄毛治療を病院で受けるときに保険が適用されるかどうか気になっている人もいると思います。

 

保険は適用されるのか

病院処方が行われているAGA治療薬のプロペシアの場合には、費用は自由診療となります。
つまり、保険が適用されることはなく、自費診療として薬代などを自己負担する必要があります。

ハゲなどに関して厚生労働省は年齢的な問題によって発症する生理現象という見解を示しており、怪我や病気とは異なる捉え方をしています。

 

薄毛治療は保険外治療になることを知っておく

薄毛の問題はメンタル的なダメージを伴いますが、病院で治療を受けるにあたって、
保険外診療となるために経済的負担に関しても把握しておくことが大切です。
薬代に加えて、診察料や検査費用、医療機関によってはカウンセリングやアフターケアについても費用がかかる場合があります。

従って、病院での薄毛治療は自費診療であることを認識した上で、どのぐらいの値段の設定になっているのか事前に確認しておくことをおすすめします。

 

保険が適用される病気とは

日本では国民保険の制度があり、どの病気や症状に関して適用するのかを判断しているのは厚生労働省となります。

保険適用を行っている病気の基準は、日常生活に支障が現れるかどうかで判断が行われています。

薄毛に関しては精神的な負担は当然あると言えますが、国の見解としては生活に支障はないという判断が行われています。
美容整形で様々な部位の治療を受けたときにも自費診療となりますが、薄毛の治療についても同じ立場で解釈が行われているのが現状です。

 

全ての薄毛に保険は効かないのか

薄毛の種類によっては、doctor3保険の適用が受けられるものがあります。
代表的な症状は円形脱毛症で、主にストレス過多が原因で発症する症状です。

皮膚炎が原因で髪の毛が過度に抜け落ちてしまうものも、病院で保険が効く場合があります。

 

どのような治療法が保険適用されないのか

保険が適用されない薄毛治療は、主に3種類あります。

 

投薬治療

専門のクリニックに通い始めたときに、最初に行われる治療法が投薬治療です。
薄毛の原因がAGAのときに有効な方法で、内服薬としてのプロペシアと外用薬としてのミノキシジルが処方されます。

病院によって値段は異なりますが、プロペシアやミノキシジルはそれぞれ1か月あたりにつき5000~10000円ほどの費用がかかります。

カウンセリングや初診料、アフターケアなどについて無料で受け付けている病院もあり、できるだけ費用を安く抑えたいときにおすすめです。

 

育毛メソセラピー・HARG療法

専門のクリニックによっては、投薬治療の他に薄毛を改善するための施術を行っています。
育毛メソセラピーはフィナステリドやミノキシジルを始めとした、育毛に良い作用のある成分を注射で頭皮に注入する施術です。

HARG療法についても注射で成分を注入しますが、育毛メソセラピーとは異なり、細胞成長因子を使用します。
毛髪再生医療とお呼ばれており、毛母細胞を活性化する効果があります。

HARG療法を受けたときの発毛率は90%を超えていると言われており、半年ほどの期間があれば多くの人の髪の毛を再生できます。
治療費は高額な料金が設定されており、100万円を超えることが考えられます。

 

植毛

病院の薄毛治療として、植毛を選択することができます。
ひと昔前までであれば植毛の手術では人工毛が使用されていましたが、現在の主流は自毛植毛となります。

AGAのときには側頭部や後頭部に毛根が残っていることが多くなり、その部分の自分の毛根を採取して薄くなっているところに移植します。
人工毛の移植よりも安全性が高く、アレルギーなどを発症する心配がありません。
費用は自己負担する必要があり、100万円を超える治療費がかかります。

 

治療費を抑制する方法

無料カウンセリングを受ける

AGA治療を受けられる病院では、無料カウンセリングを行っているところがあります。
いきなり来院すると費用がかかることが心配と言えますが、無料カウンセリングを受けることができる病院であれば、まずは無料で相談が可能となります。

実際の検査や医薬品の処方を受ける際には費用が発生しますが、頭皮の状況の相談や、どのような治療を進めるのが良いのかアドバイスを受けることは無料となります。

専門医のアドバイスを受けてから、本格的に通院して治療を受けようと考えている人におすすめです。

 

■ AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック 特徴 薬代
AGAスキンクリニック 初診料5000円
カウンセリング料無料
薬代 4200円の最安値


1か月分 4200円

 

ジェネリックを購入する

AGA治療薬としては先発薬のプロペシアなどが有名ですが、世界ではAGA治療薬のジェネリックが製造されています。

ジェネリックは先発薬と同じ有効成分や製造方法で作られているために、同様の効果が期待できます。
病院でジェネリックを購入するときには、取り扱いをしているか確認することが重要です。

AGA治療をしている病院であっても、どこでもジェネリックを処方しているわけではありません。
全国展開をしているクリニックでAGA治療薬のジェネリックを購入できるところとして、聖心美容クリニックをおすすめします。

 

■ 聖心美容クリニック

聖心美容クリニック 特徴
AGA
メール相談無料
カウンセリング料無料

 

 

通販を利用する

AGA治療薬を販売している個人輸入代行の通販サイトを利用する方法があります。
病院で処方されている薬と同じ種類のものを、通販サイトから購入することが可能で、安価なジェネリックを見つけることが可能です。

プロペシアのジェネリックとして、フィンペシアエフペシアであれば安値で販売が行われているために、継続的に使用したとしても経済的な負担を減らすことができます。

フィンペシア 特徴 価格
  プロペシアのジェネリック
  1錠あたり約29円の低価格


1箱(100錠入) 2950円
1錠あたり 29円

 

エフペシア 特徴 価格
 プロペシアのジェネリック
 1錠あたり約27円の低価格

1箱(100錠入) 2700円

 

ミノキシジル配合の育毛剤としては、カークランドが人気で1本当たりの価格は1500円で入手できます。

 

カークランド 特徴 価格
 ロゲインのジェネリック

1本(60ml) 1500円

 

国内メーカーのAGA治療薬を使用したい

発毛作用があることが国際的に認められている成分が、ミノキシジルです。
日本国内のメーカーが販売しているミノキシジル配合の育毛剤は、リアップしかありません。

国内で最もミノキシジルの配合率が高い育毛剤がリアップX5で、病院処方が行われる育毛剤と同じ効果があります。

 

リアップX5プラス 特徴 価格
 効果が認められている育毛剤
 ミノキシジル成分5%配合


1本あたり 6600円

 

副作用の無い育毛剤を選択する

医薬品の場合には、一定の割合で副作用を発症する可能性があります。
日本国内のメーカーが製造していて、安全性の高い育毛剤でじっくりと改善を目指したいときには、ミノキシジル成分を使用していない育毛剤を選択する方法もあります。

ノコギリヤシエキスなど頭皮に優しい育毛成分を使用している育毛剤としては、チャップアップがおすすめできます。

M字訴求
チャップアップ(CHAP UP)

-薄毛治療
-, ,